メニュー

KDB分析サービス | 一般財団法人厚生労働統計協会|国民衛生の動向、厚生労働統計情報を提供

m header btn

一般財団法人 厚生労働統計協会

サイトポリシープライバシーポリシー

pmark     お問い合わせ

事業内容

その他の事業

 厚生労働統計協会では、〇〇年より地域と介護の連携による地域医療に注目し、調査研究を続けてまいりました。

 その研究成果を生かし、当協会では自治体様からデータをお借りし、分析するサービスを行っております。

地域医療施策に係るデータ分析サービスのご案内

KDBデータ分析サービス

 このサービスは、KDBデータ(国保レセプト、後期高齢者医療レセプト、介護レセプト)を分析して、医療・介護連携、介護保険事業、在宅医療推進等の施策につなげるためのデータ分析サービスです。

 

 kdbdatakai

 

活用場面例
 データ分析結果  データ分析結果の活用場面
1) 在宅医療・介護に関する日常生活圏域毎の傾向

- 在宅医療・介護の利用者数と、在宅医療・介護を提供する医療施設数を日常生活圏域毎に把握することにより、圏域毎の課題把握と施策検討の材料とすることができます。

- 多職種が参加する在宅医療・介護連携会議や研修会、住民向け講演会等で、地域の在宅医療・介護の現状課題をデータにより示すことができます

2) 在宅医療・介護に関する事業所の傾向

- 在宅医療・介護を提供する医療施設や介護事業所毎に、利用人数等の傾向を把握することにより、地域の課題把握と施策検討の材料とすることができます

- 地域包括支援センターや相談窓口などで、現状把握・施策検討に活用できます

3) 要介護者の疾病の傾向

- 脳血管疾患、糖尿病、心疾患等、高齢者に多い疾病の傾向を把握することにより、介護保険事業や地域の保健活動を考える際の検討材料となります

- 糖尿病重度化防止、認知症対策などの施策を推進するために参考となるデータとして活用できます

4) 在宅医療・介護に関する圏域間の移動の傾向

- 小規模多機能型居宅介護施設毎に、どの圏域の利用者が多いかを把握することにより、施設立地施策を検討する際の材料となります

- 医療施設のある圏域毎に、どの圏域から外来患者が通院しているかを把握することにより、現状及び将来の医療・介護に関する課題を検討する材料となります

 

データ分析概要(標準的な例)

 データ分析のためにお借りするKDBデータ等のデータと、ご提供する分析レポートのメニューは 下表のとおりです。

 標準メニューより必要な帳票を選択することができます

 価格 は92万円よりご相談(税別、圏域別訪問診療利用者数等8種類の帳票の場合)

 

データ分析のためにお借りするKDBデータ等

KDBデータ: KDB被保険者台帳、医療レセプト管理、医療傷病名、医療摘要、介護給付基本実績

介護事業所データ等:公開されているデータ以外に、市区町村が保有するデータを使用する場合のオプションとなります

日常生活圏域データ: 郵便番号による日常生活圏域定義、日常生活圏域毎の人口データ等

ご提供する分析レポートのメニュー

日常生活圏域別サービス利用者数、日常生活圏域別サービス提供施設数、利用者日常生活圏域別・サービス提供施設別利用者数、傷病グループ別入院、外来、在宅患者数、圏 域間の移動 ・・・ グラフ(PDFファイル)、グラフ元データ(CSVファイル)

 

医療介護分析ファイル、圏域間移動分析ファイル ・・・ 分析用エクセルピボットファイル

 

 

分析例

 このサービスは、

(分析例1)圏域毎の訪問診療の利用者数と

 訪問診療実施医療施設数を示します

分析例2)要支援1・2要介護1・2の人の

 疾病別人数(重複カウント)を示します

kdbjirei kdbjirei2

 

介護認定・介護レセプトデータ分析サービス

 このサービスは、

 このサービスは、

 このサービスは、

 

お問い合わせ

kokumin annai2

厚生労働統計協会の地域医療調査研究の取り組み

kokumin annai2