メニュー

論文記事:中小規模の病院に勤務する看護師の基本属性とライフスタイルおよび離職意向の関連 201707-04 | 一般財団法人厚生労働統計協会|国民衛生の動向、厚生労働統計情報を提供

m header btn

一般財団法人 厚生労働統計協会

サイトポリシープライバシーポリシー

pmark     お問い合わせ

論文

論文

第64巻第7号 2017年7月

中小規模の病院に勤務する看護師の基本属性と
ライフスタイルおよび離職意向の関連

山田 桜子(ヤマダ サクラコ) 伊東 美佐江(イトウ ミサエ)
掛田 崇寛(カケダ タカヒロ) 佐藤 友美(サトウ ユミ)

目的 中小規模の病院に勤務する看護師を対象として,その基本属性,ライフスタイルおよび離職意向の関連を明らかにすることである。

方法 インターネットにおいて一般公開されているWAM NETホームページから,全国の100床以上200床未満の病床数を有する一般病院2,267病院のうち,単純無作為に200施設を抽出した。看護師の選択条件は,病棟(精神科・救急科を除く)において,管理責任者の役職に就いておらず,1年以上の看護師(准看護師を含む)としての勤務経験のある者とし,1施設当たり20~50代の各年代の5名ずつ計20名とした。調査内容は,基本属性,ライフスタイル,離職意向である。t検定,一元配置分散分析と多重比較検定(Tukey法)により,基本属性ごとにライフスタイルを比較した。また,年齢,子どもの数,看護職としての経験年数,現在の病院での勤続年数,時間外労働時間数,服薬・疾患の有無,生活習慣病リスクを独立変数,離職意向を従属変数とする単回帰分析を行った。その後,カテゴリー化した基本属性,単回帰分析において有意水準p<0.05となった項目を独立変数,離職意向を従属変数とする重回帰分析(ステップワイズ法)を行った。

結果 年代では30代が50代より,単独世帯群がその他の世帯群より,未婚群が既婚群より,子どもがいない群がいる群より,それぞれ有意に生活習慣病リスクが高かった(p<0.05)。また,看護職としての経験年数では5年未満群が10年以上群より,勤務形態では3交代制群が2交代制群と日勤のみ群より,いずれも有意に生活習慣病リスクが高かった(p<0.05)。さらに,重回帰分析の結果,離職意向に影響する要因として,年齢(β=-0.17,p=0.00),生活習慣病リスク(β=0.17,p=0.00)が有意な変数として認められた。

結論 ライフステージの変化に伴う様々なライフイベントの経験は,ライフスタイルを多様化させ,健康管理について改めて見直す契機の1つとなる。本研究における生活習慣病リスクは,ストレスや精神健康度を介して,離職意向に影響している可能性が示唆された。

キーワード 看護師,ライフスタイル,生活習慣病リスク,離職意向,重回帰分析