メニュー

ICD(疾病、傷害および死因統計分類) | 一般財団法人厚生労働統計協会|国民衛生の動向、厚生労働統計情報を提供

m header btn

一般財団法人 厚生労働統計協会

サイトポリシープライバシーポリシー

pmark     お問い合わせ

出版事業

疾病、傷害及び死因の統計分類提要  ICD-10(2013年版)準拠

 flogo rgb hex brc site 250  Twitter Social Icon Rounded Square Color  LINE APP typeA

icd102013vol.1

商品詳細情報

刊行日

第1巻(内容例示表) H28.5    

第2巻(総論)    H28.5

第3巻(索引表)   H28.9

  ※2013年版より第1巻と第2巻の内容が変わりました。  

判型 A5判 
頁数

第1巻 1,106頁

第2巻  253頁

第3巻 1,030頁

定価

第1巻 定価(本体8,000円+税)    

第2巻 定価(本体6,000円+税)       

第3巻 定価(本体9,000円+税)       

ISBN

第1巻 978-4-87511-674-5

第2巻 978-4-87511-675-2    

第3巻 978-4-87511-676-9    

備考

 本書は、世界保健機関(WHO)により定められた「疾病及び関連保健問題の国際統計分類 第10回改訂」(ICD-10)について、2013年までに公表された改正に基づいて定められた、我が国で使用する「疾病、傷害及び死因の統計分類」の実用・解説書として厚生労働省が編集したもので、2016(平成28)年1月から適用されています。

 

●各巻の内容

第1巻「内容例示表」:分類コード及び項目の一覧

第2巻「総論」:疾病および死因をコーディングする際のルール、第1巻と第3巻の使用方法

第3巻「索引表」:疾病・傷害、症状、部位などの用語及びそのコード

 

※なお、従来の日本語版書籍では、第1巻を総論、第2巻を内容例示表としていましたが、WHOが刊行する書籍にならい、本書から第1巻を内容例示表、第2巻を総論といたしました。

 

ICD(疾病、傷害および死因統計分類)関連情報

厚生労働統計協会 ネットショップ

FAXでのご注文はこちら

 

 

ピックアップ

国際疾病分類腫瘍学第3.1版ICD-O

 

人口動態統計時系列データDVD(2017)

 

国民衛生の動向2018/2019

ご注文方法はこちらをご参照ください。

ご利用規約はこちらからダウンロード頂けます。

国際疾病分類-神経疾患への適用 第2版(ICD-NA)

icd shinkei

商品詳細情報

刊行(予定)日 H13.10 
判型 A4判 
頁数 540頁 
定価 定価(本体10,000円+税) 
ISBN  
備考 我が国では、世界保健機関(WHO)が1990年に定めた「疾病及び関連保健問題の国際統計分類第10回修正(ICD-10)」に準拠した疾病、傷害及び死因分類をもとに、疾病、傷害及び死因の統計を行っています。 我が国においては、現行のICD-10に準拠した分類の導入は迅速に行われ、1995年から使用されております。ICD-10は分類項目が14,000項目を超え、ICD-9に比べ倍加されるなど大きな変化がありましたが、より適切な分類を行うための、ICD-10を補助する詳細な分類の作成が望まれておりました。 このことから、1997年に、WHOから、神経疾患の領域におけるICD-10を補助する"Application of International Classification of Diseases to Neurology,Second Edition"が公表されました。 この度、厚生労働省において、ICD-10のより一層の普及定着を目指し、このICD-NAの日本語版を作成いたしました。本書は診療録管理、学術研究等に広くご利用いただけるものです。CD-ROM版も発売しています。

厚生労働統計協会 ネットショップ

FAXでのご注文はこちら

ご注文方法はこちらをご参照ください。

ご利用規約はこちらからダウンロード頂けます。

疾病、傷害および死因統計分類提要 (ICD-10 2003年版準拠)

icd10 2003 vol1

商品詳細情報

刊行日

第1巻 H18.1

第2巻 H18.1 ※2巻品切(重版予定なし)

第3巻 H18.8 

判型 B5判 
頁数

第1巻 370頁

第2巻 1,070頁

第3巻 952頁

定価

第1巻 定価(本体6,000円+税)

第2巻 定価(本体8,000円+税)

第3巻 定価(本体9,000円+税) 

ISBN

第1巻 978-4-87511-253-2

第2巻 978-4-87511-254-9

第3巻 978-4-87511-291-4 

備考 疾病、傷害および死因統計分類は、国際的な分類であり、わが国も明治32年からこれを使用しています。この分類は、概ね10年毎に改訂が加えられてきまし た。第10回修正では、最近の医学の急激な進歩に対応するため大規模な改正が行われ、わが国では平成7年1月より疾病、傷害および死因統計分類(ICD- 10準拠)として適用されてきました。
 平成17年、WHOが1991年以降、2003年までに勧告した改正内容をもとに日本語版の改正が行われ、同年10月7日に告示されました。これにより、疾病、傷害および死因統計分類(ICD-10 2003年版準拠)が、平成18年1月1日から適用となりました。
本分類提要は、同改正内容を収載したものとなっています。
   疾病、傷害および死因統計分類は、国際的な分類であり、わが国も明治32年からこれを使用しています。この分類は、概ね10年毎に改訂が加えられてきまし た。第10回修正では、最近の医学の急激な進歩に対応するため大規模な改正が行われ、わが国では平成7年1月より疾病、傷害および死因統計分類(ICD- 10準拠)として適用されてきました。
 

厚生労働統計協会 ネットショップ

FAXでのご注文はこちら

ご注文方法はこちらをご参照ください。

ご利用規約はこちらからダウンロード頂けます。

ICDのABC(平成30年度版)

 flogo rgb hex brc site 250  Twitter Social Icon Rounded Square Color  LINE APP typeA

icd abc h30

商品詳細情報

刊行(予定)日 H30.3
判型 B5判
頁数 20頁
定価 定価(本体500円+税)
ISBN 978-4-87511-767-4
備考

本書は、疾病、傷害及び死因の統計を国際比較するためWHOから勧告された国際疾病分類(ICD)を 容易に理解できるよう、要点をできるだけ簡明・平易に解説したものです。手軽な入門書としてご利用ください。
内容構成は下記のとおりです。
1 ICD(国際疾病分類)とは
2 我が国におけるICD
 2-1 死因分類
 2-2 疾病分類
3 分かりやすいICD-10(2013年版)準拠の分類イメージ
4 ICD-10(2013年版)準拠コードの構成
5 ICDと医学用語集との違い
6 コーディングの実例
7 死因コーディング
8 疾病コーディング
9 ICD関連のHPアドレス

 

ICD(疾病、傷害および死因統計分類)関連情報

厚生労働統計協会 ネットショップ

FAXでのご注文はこちら

 

 

ピックアップ

疾病、傷害及び死因の統計分類提要ICD-10(2013)

 

国際疾病分類腫瘍学第3.1版ICD-O bannar

ご注文方法はこちらをご参照ください。

ご利用規約はこちらからダウンロード頂けます。

国際疾病分類-腫瘍学(NCC監修) 第3.1版 ICD-O

 flogo rgb hex brc site 250  Twitter Social Icon Rounded Square Color  LINE APP typeA

ICD O3.1

商品詳細情報

刊行(予定)日 H30.7
判型 A5
頁数 523頁
定価 定価(本体6,500円+税)
ISBN 978-4-87511-771-1
備考  ICD-Oは、中心的な国際疾病分類の派生分類として、世界保健機関(WHO)と国際がん研究機関が作成した腫瘍に関する国際分類です。厚生労働省の許可のもと、翻訳およびわが国のがん登録固有ルールの追加などを行う形で、国立研究開発法人国立がん研究センターが本書を監修しています。
 従来、わが国ではWHOより発表された改正内容を基に、「第3版(2012年改正版)」を公表、使用してきました。その後、さらに改正内容を反映させ、修正を加えた「第3.1版」がWHOより公表されており、その日本語版が本書になります。

参考:国際疾病分類ICD-O-3(3.1版)について

 

ICD(疾病、傷害および死因統計分類)関連情報

厚生労働統計協会 ネットショップ

FAXでのご注文はこちら

 

ピックアップ

疾病、傷害及び死因の統計分類提要ICD-10(2013年)

ご注文方法はこちらをご参照ください。

ご利用規約はこちらからダウンロード頂けます。

国際疾病分類 歯科学及び口腔科学への適用(ICD-DA)

icd shikagaku

商品詳細情報

刊行(予定)日 H13.8 
判型 A4 
頁数 250頁 
定価 定価(本体6,000円+税) 
ISBN  
備考 世界保健機関(WHO)が1990年に定めたICD-10は分類項目が14000項目を超え、ICD-9に比べ倍加されるなど大きな変更がありましたが、より適切な分類を行うための、ICD-10を補助する詳細な分類の作成が望まれておりました。 このことから、1995年に、WHOから、歯科学及び口腔科学の領域におけるICD-10を補助する "Application of the International Classification of Diseases to Dentistry and Stomatology,Third Edition" が公表されました。 この度、厚生労働省において、ICD-10のより一層の普及定着を目指し、このICD-DAの日本語版を作成いたしました。本書は診療録管理、学術研究等に広くご利用いただけるものです。CD-ROM版はこちらです。

厚生労働統計協会 ネットショップ

FAXでのご注文はこちら

ご注文方法はこちらをご参照ください。

ご利用規約はこちらからダウンロード頂けます。